スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Athlon 64 X2 5000+ Black Editionを購入してみた4 

2.6GHz駆動のAthlon 64 X2 5000+ Black Editionは、どのくらい廻るのか!

さて、いよいよ3.2GHz駆動に挑戦です

まずは、BIOS画面でCPUの倍率を「16倍」に変更

これで200MHzX16倍で3.2GHz駆動になります

但し、CPU電圧は定格の1.35Vのまま

一応これで起動させてみました

Windows自体は、無事起動成功!

ただ、スーパーπの1Mと2Mは完走するものの、4Mは計算の途中でエラーを出し停止してしまいました

そこで今度は、BIOS画面からCPU電圧を0.05V上げ1.40Vにして再起動
Windowsの起動を確認

cpu-z.jpg
3.2GHz駆動時のCPU-z画面

そしてスーパーπを再実行、今度は4Mも無事完走しました
(結果は、2分27秒でした)

なおBIOSの設定は、動画にしてあるので興味のある方はご覧ください


一応3.2GHz駆動は、この個体でもある程度までは安定して作動できるものと思われました(完全に安定させるには、かなり冷却に気をつけた方がいいでしょう)

3.2GHz駆動も出来たことだし、もう一つ欲を出して3.3GHz駆動にも挑戦してみました

BIOS画面より倍率を「16.5倍」に設定、CPU電圧はそのままの1.40V

ただしこの設定だと、Windowsのロゴまでは進むがその後再起動がかかり、Windowsの起動に失敗

BIOS画面でもキーボードの操作を受け付けず、結局BIOSクリアを実行するはめに.....

クリア後、今度はCPU電圧を1.45Vに設定しもう一度Windowsを起動させてみた

今度は無事Windowsが起動した

20071101234327.jpg
3.3GHz駆動時のシステムプロパティとCPU-Z画面

この状態での安定度を確認するためスーパーπを実行したが、またしても4Mの計算途中でエラー発生

これ以上のCPU電圧上昇は危険と思われたので、断念しました

水冷とかガス冷とかなら、もう少しクロックが上がるかもしれませんが、この個体は空冷では3.2GHzが限界だったと思われました

でも、Athlon64 X2 6400+ Black Edition と同じ3.2GHz(2次キャッシュは半分ですが)までOC出来たので満足です

注意
*オーバークロックを実行する時は、必ず自己責任でお願いします
このブログを読まれてオーバークロックを実行した結果、どのような損害が発生しても、このブログ(管理人)やCF2ブログは一切責任を負いませんので、この点は十分にご注意を!


このシステムの構成
OS Windows XP Home E SP2
CPU Athlon 64 X2 5000+ Black Edition
マザー ASUS M2A-VM
メモリ KEIAN KDR2/800/2GB/DUAL
CPUクーラー ZALMAN CNPS9500 AM2
ドライブ Pioneer DVR-110D バルク
HDD HITACHI DesKstar 250GB
スポンサーサイト

[2007/11/02 00:19] パソコンパーツ情報 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2007/11/06 10:41] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kemx2pcanime.blog46.fc2.com/tb.php/735-6182ea0e



ASUS公式オンラインショップ
☆ドスパラWeb通販プログラム☆
毎日が激安特価!NTT-X Store
ツクモネットショップ
PC・AV周辺機器が直輸入で激安 上海問屋
インターネットはフレッツ光









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。