スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ATI Radeon HD 2600/HD 2400のドライバは最適化されていなかった 

4Gamer.netにて、ちょっと気になる記事がありました

ATI Radeon HD 2600とRadeon HD 2400に付属するドライバは、Radeon HD 2600/Radeon HD 2400に最適化されていなかったらしいのです

その理由はと言うと、2007年5月にできたA12(HD 2600)、A13(HD 2400)シリコンでドライバレベルでは対応できない問題が見つかった事が原因とのこと

その後、改良された現在のシリコン(A14、A15)が完成したようなのですが、このシリコンは、販売の始まったATI Radeon HD 2600/2400カードに付属するグラフィックスドライバでのテストが行えていないとのことでした

これらのカードのパフォーマンスが、期待されていたものに比べて悪かったのは、この事が原因でったようですね

特に、”統合型シェーダを振り分ける部分の精度”に問題があり、大きなボトルネックになっているようです

一番大切と思える部分がボトルネックになっていたのでは、思うようなパフォーマンスが出なくて当たり前ですよね

ただ、この部分の問題を解決するドライバは既に存在するようで、「ATI Catalyst 7.7」スイートに入れる予定でテストが行われているようです(ドライババージョン8.38.9)

ATI Radeon HD 2600/2400ユーザーの方は、もう少しの辛抱ですね

また、“GeForce 8800 GTS対抗”のエントリーハイエンドGPUの情報もありました

それは、「ATI Radeon HD 2900 XT」からコア&メモリクロックが下がったモデルとなるようです

製品名は「ATI Radeon HD 2900 XL」もしくは「ATI Radeon HD 2900 Pro」となるとのこと

製造プロセスルールは55nm、PCI Express Gen2対応でRadeon HD 2600/2400に内蔵されているUVDを内蔵し、統合型シェーダユニットはR600と同じ320基になるらしいです

このチップを搭載した製品は、2007年第4四半期~2008年第1四半期中に登場予定とのこと

できれば、もう少し早く出してほしいですね

Radeonを求める方は、ゲームよりも映像の綺麗さを求める方が多いと思われますが、やはり処理能力も速いほうが良い訳ですから、ATI(AMD)にはがんばってもらいたいですね
スポンサーサイト

[2007/07/03 20:41] パソコンパーツ情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kemx2pcanime.blog46.fc2.com/tb.php/716-570c1a6a



ASUS公式オンラインショップ
☆ドスパラWeb通販プログラム☆
毎日が激安特価!NTT-X Store
ツクモネットショップ
PC・AV周辺機器が直輸入で激安 上海問屋
インターネットはフレッツ光









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。