スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日立GST、1TBの3.5インチHDDを来年投入予定 

日立GSTから2007年に、1台の容量が1TBの3.5インチHDDが登場予定だそうです

ニュース:PC Wathc
この1TBのHDDは、250GBプラッタ4枚で構成されるようです
(現在は1プラッタ160GB)
HITACHI (IBM)HDD:“Deskstar T7K500”シリーズ

投入時期は2007年上半期を予定とのこと

そして2年後の2009年には、1プラッタ500GBの製品を、さらにその先の2016年には、1台の容量が25TBにもなるHDDが登場する予定だそうです

ここまでの大容量を実現するための技術として、ディスク上の1個の情報ビットを形成する磁性粒子を減少させる方向で記録密度を増加させる「パターンドメディア」と磁気ヘッドにレーザーを組み込んで記録時に対象ビットを過熱して熱ゆらぎを抑えながら磁性粒子の小型化を実現する「熱アシスト記録方式」とを組み合わせた技術を採用するということらしいです

そしてさらにその先には、容量650TBの3.5インチHDDが登場するだろうという予測もあるようです

25TB位なら、BDやHD DVD、さらにデジタル放送などの普及により必要となる場合があると思うのですが、さすがに650TBという容量は想像もつきません(650TB:1TBを1000GBと計算しておよそ65万GB)

650000GBのHDDなんて、容量を使い切る前にHDD自体が故障してしまいそうですね

これからは、大容量1ドライブの時代がきそうですね(バックアップが大変そうです)
スポンサーサイト

[2006/09/14 23:29] パソコンパーツ情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kemx2pcanime.blog46.fc2.com/tb.php/467-7b859caa



ASUS公式オンラインショップ
☆ドスパラWeb通販プログラム☆
毎日が激安特価!NTT-X Store
ツクモネットショップ
PC・AV周辺機器が直輸入で激安 上海問屋
インターネットはフレッツ光









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。