スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フラッシュメモリの書き換え回数をご存知ですか? 

パソコンのUSBポートに”ポンッ”とさせばデータを保存できる「USBメモリ」、デジカメや携帯などに使われているメモリーカードなど、なにげなくつかっている”フラッシュメモリ”

では、その”フラッシュメモリ”の書き換え回数に限界があるのはご存知でしょうか

その限界数は「10万回

まあこれだけの回数があれば、1日100回使ったとして約3年弱使用できることになるので、不便は感じません

それに万一故障しても、価格がかなり安くなっているのでより大容量の製品に買い換えればいいわけです
USBメモリの大特価市なども開催していますしね

では、もしこの”フラッシュメモリ”がHDDに搭載されたらどうでしょう

実際、HDDにフラッシュメモリを搭載した「ハイブリッドHDD」の開発が進められているようです

HDDって頻繁にデータの読み書きを行いますよね
そんなものに「10万回」しか書き換えができない”フラッシュメモリ”を搭載したら、「HDDより先に寿命が尽きちゃうんじゃないか」と考えてしまいます

他にも気になった方がおられたようで、実際にメモリーメーカーに聞いてみたそうなんです

それでメーカーからの答えはというと、「フラッシュメモリーの耐久性は大きな障害にならない、データの記録保持期間が短くなるだけで、HDDのように急に故障することはない」という答えがかえってきたそうです

それではなぜ大容量の製品が投入されないのでしょうか?

それは”コスト”が高いから

フラッシュメモリーはHDDと比べた場合、1GBあたりの価格が非常に高くなっています(1GBあたり数千円)

それなのに400GBや500GBの容量の製品を作ったら、とんでもない金額になってしまいます

大容量の製品が登場するのは、この問題が解決してからになると思います

この問題が解決し大容量の製品が登場しはじめたら、いづれパソコンからHDDが消える日がくるかもしれませんね

フラッシュメモリが安い店はココ!
「ツクモ」 「フェイス」 「ドスパラ」 「アークジャパン」 「T-ZONE」
スポンサーサイト

[2006/08/01 15:12] パソコンパーツ情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kemx2pcanime.blog46.fc2.com/tb.php/373-e8b506ce



ASUS公式オンラインショップ
☆ドスパラWeb通販プログラム☆
毎日が激安特価!NTT-X Store
ツクモネットショップ
PC・AV周辺機器が直輸入で激安 上海問屋
インターネットはフレッツ光









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。